薬剤師としての仕事の変化を求めた病院への転職の険しい道のり

毎日調剤をする生活に少し飽きてきてしまいました

転職を考え始めた薬剤師はまずはここをチェック薬剤師の調剤ミスから自分の将来を考える

毎日調剤をする生活に少し飽きてきてしまいました再び転職活動を始めました

調剤薬局でずっと働いてきたものの、毎日調剤をする生活に少し飽きてきてしまいました。
最初のうちは覚えることも多くて大変な感じもありながら、充実する日々だったのは確かです。
ある程度のことを覚えてしまうと、手際よく仕事ができるのが楽しみに感じられて毎日必死に調剤をする日々になりました。
そのときには薬剤師の仕事が天職だという印象を持っていたのですが、それが長くなってくるとあまり仕事に楽しみが見つけられなくなってしまったのです。
そこで思い立ったのが転職でした。
もう少し仕事に変化があって飽きない職場がないものかと考えるようになったのです。
キャリアコンサルタントに相談をして、どのような職場を選べばよいかをよく相談しました。
調剤をしているだけでは満足できないものの、それ自体がつらいと感じていたわけではありません。
そのため、調剤もしながら他の仕事もできる職場が良いだろうという話になり、調剤薬局で働くのはやめて、病院かドラッグストアを選ぶのが適しているということになりました。
どちらを選ぶかで悩みましたが、もともと医療に関わっていきたいという気持ちが強かったので、ドラッグストアよりは病院が良いという結論に達したのです。
しかし、この決断をしたためにしばらくは転職に苦労することになったとも言えるでしょう。
病院からの求人はそれなりにありましたが、あまり経験のない人を集めている様子はなかったのです。
調剤薬局やドラッグストアでは未経験者歓迎、ブランク可といった募集が多いのに対して、少なくとも自宅から通いやすい範囲の病院ではそのような文言が見当たりませんでした。
調剤経験は十分にあるので、それを生かせれば良いと考えてエントリーしてみたものの、あえなく書類の時点で落とされてしまったというのが最初の試みです。
さすがに書類で落とされることはないだろうと考えていたので立ち直れなくなりそうでしたが、逆に無駄にたくさんエントリーするという考え方はなくなりました。
採用される可能性が高いのはどれかをよく吟味しなければならないと気づいたのです。